Windows10 21H1 サービス設定

in tools
  1. サービス
  2. まとめ

前とあまり変わっていませんが、置いておきます。

【2019年度版】Windows 10 サービス一覧 全252種類 | 不要なら無効化で性能アップ

参考にします。

環境

Windows10 Home 21H1 64bit

サービス

スタートボタン > Windows システム ツール > コントロール パネル > 管理ツール > サービス

無効に変更

サービス名をダブルクリックか、右クリック > プロパティ
スタートアップの種類を無効に

ActiveX Installer (AxInstSV)

インターネットからの ActiveX コントロールのインストールに対し、ユーザー アカウント制御により検証を行い、グループ ポリシー設定に基づいて ActiveX コントロールのインストールを管理します。このサービスはオンデマンドで開始され、無効になっている場合、ActiveX コントロールのインストールはブラウザーの既定の設定に従って行われます。
手動 > 無効

Certificate Propagation

ユーザー証明書とルート証明書をスマート カードから現在のユーザーの証明書ストアにコピーし、スマート カードがスマート カード リーダーに挿入されたときに検出します。また、必要に応じてスマート カード プラグ アンド プレイ ミニドライバーをインストールします。
手動 > 無効

Connected User Experiences and Telemetry

Connected User Experiences and Telemetry サービスを使用すると、アプリケーション内エクスペリエンスと接続ユーザーのエクスペリエンスをサポートする機能が有効になります。また、[フィードバックと診断] で診断と使用状況に関するプライバシー オプション設定が有効になっている場合、このサービスは、イベント ドリブン方式による診断情報および使用状況情報の収集と送信も管理します (これらの情報は、Windows プラットフォームのエクスペリエンスと品質を向上するために使用されます)。
自動 > 無効

Distributed Transaction Coordinator

データベース、メッセージ キュー、またはファイル システムなど、複数のリソース マネージャーに分散されたトランザクションを調整します。このサービスが停止すると、これらのトランザクションは開始できません。このサービスが無効な場合は、このサービスに依存するサービスは開始できません。
手動 > 無効

Downloaded Maps Manager

ダウンロード済みの地図へのアプリケーション アクセスを提供する Windows サービスです。このサービスは、ダウンロード済みの地図にアクセスするアプリケーションによってオンデマンドで開始されます。このサービスを無効にすると、アプリケーションから地図にアクセスできなくなります。
自動(遅延開始) > 無効

Fax

このコンピューターまたはネットワーク上にある FAX リソースを利用して、FAX を送信したり受信したりできます。
手動 > 無効

Geolocation Service

このサービスは、システムの現在の位置を監視し、ジオフェンス (イベントが関連付けられた地理的位置) を管理します。このサービスを無効にすると、アプリケーションでジオフェンスの通知を利用したり受信したりすることができなくなります。
手動 > 無効

GraphicsPerfSvc

Graphics performance monitor service
手動 > 無効

HV ホスト サービス

ホスト オペレーティング システムにパーティションごとのパフォーマンス カウンターを提供するための Hyper-V ハイパーバイザーのインターフェイスを提供します。
手動 > 無効

Hyper-V Data Exchange Service

仮想マシンと物理コンピューター上で実行されているオペレーティング システムとの間でデータを交換する手段を提供します。
手動 > 無効

Hyper-V Guest Service Interface

仮想マシン内で実行されている特定のサービスを操作するための Hyper-V ホストのインターフェイスを提供します。
手動 > 無効

Hyper-V Guest Shutdown Service

この仮想マシンのオペレーティング システムを物理コンピューター上の管理インターフェイスからシャットダウンする手段を提供します。
手動 > 無効

Hyper-V Heartbeat Service

定期的にハートビートを報告することで、この仮想マシンの状態を監視します。このサービスは、応答が停止した稼動中の仮想マシンを特定するために役立ちます。
手動 > 無効

Hyper-V PowerShell Direct Service

仮想ネットワークを使わずに、PowerShell を使用して VM セッション経由で仮想マシンを管理する手段を提供します。
手動 > 無効

Hyper-V Time Synchronization Service

この仮想マシンのシステム時刻を物理コンピューターのシステム時刻と同期します。
手動 > 無効

Hyper-V ボリューム シャドウ コピー リクエスター

物理コンピューター上のオペレーティング システムから仮想マシンにアプリケーションとデータをバックアップするボリューム シャドウ コピー サービスを使用するために必要な通信を調整します。
手動 > 無効

Hyper-V リモート デスクトップ仮想化サービス

仮想マシンと物理コンピューターで実行されているオペレーティング システムの間で通信を行うためのプラットフォームを提供します。
手動 > 無効

Microsoft (R) 診断ハブ標準コレクター サービス

診断ハブ標準コレクター サービス。実行すると、このサービスはリアルタイムの ETW イベントを収集して処理します。
手動 > 無効

Microsoft iSCSI Initiator Service

このコンピューターからリモート iSCSI ターゲット デバイスへのインターネット SCSI (iSCSI) セッションを管理します。このサービスが中止された場合、このコンピューターは ISCSI ターゲットにログインまたはアクセスできなくなります。このサービスが無効にされている場合、明示的にそれに依存しているすべてのサービスの開始が失敗します。
手動 > 無効

Netlogon

ユーザーとサービスを認証するため、このコンピューターとドメイン コントローラー間でセキュリティで保護されたチャネルを管理します。このサービスが停止した場合、コンピューターはユーザーとサービスを認証できなくなる可能性があり、ドメイン コントローラーは DNS レコードを登録できません。このサービスが無効になった場合、このサービスに明示的に依存するサービスは、すべて起動しなくなります。
手動 > 無効

Network Connected Devices Auto-Setup

ネットワーク接続デバイス自動セットアップ サービスは、対象となるネットワークに接続される対象のデバイスを監視してインストールします。このサービスを停止するか無効にすると、対象となるネットワーク接続デバイスの検出とインストールが自動で行われなくなります。ただし、ユーザー インターフェイスを使用して、ネットワーク接続デバイスを PC に手動で接続できます。
手動 > 無効

Peer Name Resolution Protocol

有効にすると、ピア名解決プロトコル (PNRP) を使用して、インターネット上でサーバーなしのピア名解決が可能になります。無効にした場合は、一部のピア ツー ピアと共同作業のアプリケーション (リモート アシスタンスなど) が機能しなくなることがあります。
手動 > 無効

Peer Networking Grouping

有効にすると、ピアツーピア グループ化サービスを使用して、マルチパーティ通信が可能になります。無効にした場合は、一部のアプリケーション (ホームグループなど) が機能しなくなることがあります。
手動 > 無効

Peer Networking Identity Manager

有効にすると、ピア名解決プロトコル (PNRP) およびピア ツー ピア グループ化サービスに ID サービスを提供します。無効にした場合は、ピア名解決プロトコル (PNRP) およびピア ツー ピア グループ化サービスが機能しなくなることがあり、また、一部のアプリケーション (ホームグループやリモート アシスタンスなど) が正しく機能しなくなることがあります。
手動 > 無効

PNRP Machine Name Publication Service

このサービスにより、ピア名解決プロトコルを使用してコンピューター名が公開されます。netsh のコンテキスト ‘p2p pnrp peer’ で構成を管理できます。
手動 > 無効

Remote Desktop Configuration

リモート デスクトップ サービスとリモート デスクトップに関連する、SYSTEM コンテキストを必要とするすべての構成およびセッション管理のアクティビティには、リモート デスクトップの構成サービス (RDCS) が使用されます。これらのアクティビティには、セッションごとの一時フォルダー、RD テーマ、および RD 証明書が含まれます。
手動 > 無効

Remote Desktop Services

ユーザーがリモート コンピューターに対話的に接続できるようになります。リモート デスクトップおよびリモート デスクトップ セッション ホスト サーバーは、このサービスに依存します。このコンピューターをリモートで使えないようにするには、コントロール パネルの [システム] の [リモート] タブにあるチェックボックスをオフにしてください。
手動 > 無効

Remote Desktop Services UserMode Port Redirector

RDP 接続用のプリンター/ドライブ/ポートのリダイレクトを許可します
手動 > 無効

Server

このコンピューターでネットワークをとおしてのファイル、印刷、および名前付パイプ共有をサポートします。このサービスが停止した場合、これらの機能は利用できなくなります。このサービスが使用不可にされた場合、このサービスに明示的に依存するサービスはすべて起動できなくなります。
自動 > 手動

SNMP トラップ

ローカルまたはリモートの簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP) エージェントによって生成されたトラップ メッセージを受信して、このコンピューター上で実行されている SNMP 管理プログラムに転送します。このサービスが停止している場合は、このコンピューター上の SNMP ベースのプログラムは SNMP トラップ メッセージを受信しません。このサービスが無効になっている場合は、このサービスに明示的に依存しているすべてのサービスは開始できなくなります
手動 > 無効

SSDP Discovery

SDP 発見プロトコルを使用する、UPnP デバイスなどのネットワーク デバイスやサービスを検出します。また、ローカル コンピューターで実行中の SSDP デバイスを表示します。サービスを停止すると、SSDP ベースのデバイスは検出されません。サービスを無効にすると、このサービスに明示的に依存するサービスは開始できません。
手動 > 無効

ポート開放で使う

SysMain

長期間にわたり、システム パフォーマンスの維持および向上を図ります。
自動 > 無効

メモリ内に先読みするユーティリティで、これのお陰で、バックグラウンドで実行しないようにしていても、設定などが勝手に動いていたりする
また、Windowsのショートカットなどが重い時も止めると解決することも

TCP/IP NetBIOS Helper

ネットワーク上のクライアントに対して、NetBIOS over TCP/IP (NetBT) サービスと NetBIOS 名前解決のサポートを提供することで、ユーザーがファイル共有、印刷、およびネットワークへのログオンをできるようにします。このサービスが停止された場合は、これらの機能を使用できなくなる可能性があります。このサービスが無効になっている場合は、このサービスに明示的に依存しているすべてのサービスは開始できなくなります。
手動 > 無効

UPnP Device Host

このコンピューター上での UPnP デバイスのホストを可能にします。サービスを停止すると、ホストされている UPnP デバイスは機能しなくなり、ホストされるデバイスを追加することもできません。サービスを無効にすると、明示的にこのサービスに依存しているサービスは開始できなくなります。
手動 > 無効

ポート開放で使う

WebClient

Windows ベースのプログラムでインターネット ベースのファイルを作成および修正したり、インターネット ベースのファイルにアクセスしたりすることができます。このサービスが停止された場合、これらの機能は利用できなくなります。このサービスが無効になった場合は、このサービスに依存するサービスは開始できなくなります。
手動 > 無効

Windows Remote Management (WS-Management)

Windows リモート管理 (WinRM) サービスは、リモート管理用の WS-Management プロトコルを実装しています。WS-Management は、リモートのソフトウェアとハードウェアの管理に使用される標準の Web サービス プロトコルです。WinRM サービスは、ネットワーク上で WS-Management 要求をリッスンして処理します。WinRM サービスがネットワークをリッスンできるように、winrm.cmd コマンド ライン ツールを使用するかグループ ポリシーを介して、WinRM サービスにリスナーを構成する必要があります。このサービスを使用することにより、WMI データへのアクセスとイベントの収集が可能になります。イベントの収集およびイベントに対するサブスクリプションを実行する場合、WinRM サービスが稼働している必要があります。WinRM メッセージは、HTTP および HTTPS をトランスポートとして使用します。WinRM サービスは IIS には依存しませんが、同じコンピューター上で 1 つのポートを IIS と共有するよう事前に設定されています。このサービスでは URL のプレフィックスとして /wsman が予約されています。IIS との競合を避けるため、IIS 上のどの Web サイトでも /wsman が URL プレフィックスとして使用されていないことを確認する必要があります。
手動 > 無効

ファイル、電子メール、その他のコンテンツに対して、コンテンツのインデックス作成、プロパティ キャッシュ処理、検索結果の表示を行います。
自動(遅延開始) > 無効

インデックス型のコマンドランチャのZiiLauncher使用しているので、使わない

WMI Performance Adapter

Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダーからネットワーク上のクライアントへのパフォーマンス ライブラリ情報を提供します。このサービスは Performance Data Helper が有効なときにのみ実行します。
手動 > 無効

Workstation

SMB プロトコルを使ってリモート サーバーへのクライアント ネットワーク接続を作成し、維持します。このサービスが停止している場合は、これらの接続は利用できなくなります。このサービスが無効になっている場合は、このサービスに明示的に依存するサービスは何も開始できなくなります。
自動 > 無効

Xbox Accessory Management Service

This service manages connected Xbox Accessories.
手動 > 無効

Xbox Live Auth Manager

Xbox Live との互換性を可能にするために認証や認証サービスを提供します。サービスが停止した場合、正常に機能しないアプリケーションがあります。
手動 > 無効

Xbox Live セーブ データ

このサービスを使用すれば、Xbox Live セーブ可能なゲームのセーブ データを同期できます。サービスが停止した場合、ゲームのセーブ データは Xbox Live にアップロードやダウンロードされません。
手動 > 無効

Xbox Live ネットワーキング サービス

このサービスは、Windows.Networking.XboxLive アプリケーション プログラミング インターフェイスに対応しています。
手動 > 無効

データ使用状況

ネットワーク データ使用状況、データ通信量の上限、バックグラウンド データの制限、従量制課金ネットワーク。
自動 > 無効

市販デモ サービス

デバイスが市販デモ モードの間、市販デモ サービスによってデバイスの動作が制御されます。
手動 > 無効

自然認証

時間、ネットワーク、地理位置情報、Bluetooth、cdf 要素を基にシグナルを評価するシグナル アグリゲーター サービス。サポートされる機能は、デバイスのロック解除、動的ロック、動的 MDM ポリシーです。
手動 > 無効

手動に変更

サービス名をダブルクリックか、右クリック > プロパティ
スタートアップの種類を手動に

Diagnostic Policy Service

診断ポリシー サービスを使用すると、Windows コンポーネントの問題を検出、トラブルシューティング、および解決できます。このサービスを停止すると、診断は実行されません。
自動 > 手動

ネットワーク内またはコンピューターの NTFS ボリューム間のリンクを管理します。
自動 > 手動

Microsoft Edge Update Service (edgeupdate)

Microsoft ソフトウェアを最新の状態に維持してください。このサービスが無効または停止されている場合、Microsoft ソフトウェアは最新の状態に維持されません。この場合、セキュリティの脆弱性が発生する可能性があり、こうした脆弱性は解決することができません。また、機能が動作しなくなる場合もあります。このサービスでは、サービスを使用している Microsoft ソフトウェアがない場合は、サービス自体がアンインストールされます。
自動(遅延開始) > 手動

Edgeはほとんど使用しないので、使用するときに更新確認することに。

Edge起動 > 右上横3本線 > ヘルプとフィードバック > Microsoft Edge について
アップデートがあるか確認して、あるなら自動で更新までして再起動を促す

Remote Access Connection Manager

このコンピューターからインターネットや他のリモート ネットワークへのダイヤルアップ接続と仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を管理します。このサービスを無効にすると、このサービスに明示的に依存しているサービスは開始できません。
自動 > 手動

OS以外の他のソフト

AMD Crash Defender Service

自動 > 無効

AMD External Events Utility

自動 > 無効

Dropbox アップデート サービス (dbupdate)

C:\Program Files (x86)\Dropbox\Update
自動(遅延開始) > 無効

任意のタイミングで更新したい

Dropbox アップデート サービス (dbupdatem)

C:\Program Files (x86)\Dropbox\Update
手動 > 無効

任意のタイミングで更新したい

まとめ

不必要なものは止めておきたいです。
バックアップしてからいじるのが無難です。