Windows10 2004 サービス設定

in tools
  1. 環境
  2. サービス
  3. まとめ
  4. 追記

【2019年度版】Windows 10 サービス一覧 全252種類 | 不要なら無効化で性能アップ

参考にします。

環境

Windows10 Home 2004 64bit

サービス

スタートボタン > Windows システム ツール > コントロール パネル > 管理ツール > サービス

昔から、System Explorer Portableで変更していますが、変更するのは何でもいいです。

スタートアップの種類を無効へ

ActiveX Installer (AxInstSV)

インターネットからの ActiveX コントロールのインストールに対し、ユーザー アカウント制御により検証を行い、グループ ポリシー設定に基づいて ActiveX コントロールのインストールを管理します。このサービスはオンデマンドで開始され、無効になっている場合、ActiveX コントロールのインストールはブラウザーの既定の設定に従って行われます。
手動 > 無効

Connected User Experiences and Telemetry

Connected User Experiences and Telemetry サービスを使用すると、アプリケーション内エクスペリエンスと接続ユーザーのエクスペリエンスをサポートする機能が有効になります。また、[フィードバックと診断] で診断と使用状況に関するプライバシー オプション設定が有効になっている場合、このサービスは、イベント ドリブン方式による診断情報および使用状況情報の収集と送信も管理します (これらの情報は、Windows プラットフォームのエクスペリエンスと品質を向上するために使用されます)。
自動 > 無効

Distributed Transaction Coordinator

データベース、メッセージ キュー、またはファイル システムなど、複数のリソース マネージャーに分散されたトランザクションを調整します。このサービスが停止すると、これらのトランザクションは開始できません。このサービスが無効な場合は、このサービスに依存するサービスは開始できません。
手動 > 無効

Geolocation Service

このサービスは、システムの現在の位置を監視し、ジオフェンス (イベントが関連付けられた地理的位置) を管理します。このサービスを無効にすると、アプリケーションでジオフェンスの通知を利用したり受信したりすることができなくなります。
手動 > 無効

Microsoft iSCSI Initiator Service

このコンピューターからリモート iSCSI ターゲット デバイスへのインターネット SCSI (iSCSI) セッションを管理します。このサービスが中止された場合、このコンピューターは ISCSI ターゲットにログインまたはアクセスできなくなります。このサービスが無効にされている場合、明示的にそれに依存しているすべてのサービスの開始が失敗します。
手動 > 無効

Netlogon

ユーザーとサービスを認証するため、このコンピューターとドメイン コントローラー間でセキュリティで保護されたチャネルを管理します。このサービスが停止した場合、コンピューターはユーザーとサービスを認証できなくなる可能性があり、ドメイン コントローラーは DNS レコードを登録できません。このサービスが無効になった場合、このサービスに明示的に依存するサービスは、すべて起動しなくなります。
手動 > 無効

Remote Desktop Configuration

リモート デスクトップ サービスとリモート デスクトップに関連する、SYSTEM コンテキストを必要とするすべての構成およびセッション管理のアクティビティには、リモート デスクトップの構成サービス (RDCS) が使用されます。これらのアクティビティには、セッションごとの一時フォルダー、RD テーマ、および RD 証明書が含まれます。
手動 > 無効

Remote Desktop Services

ユーザーがリモート コンピューターに対話的に接続できるようになります。リモート デスクトップおよびリモート デスクトップ セッション ホスト サーバーは、このサービスに依存します。このコンピューターをリモートで使えないようにするには、コントロール パネルの [システム] の [リモート] タブにあるチェックボックスをオフにしてください。
手動 > 無効

Remote Desktop Services UserMode Port Redirector

RDP 接続用のプリンター/ドライブ/ポートのリダイレクトを許可します
手動 > 無効

SNMP トラップ

ローカルまたはリモートの簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP) エージェントによって生成されたトラップ メッセージを受信して、このコンピューター上で実行されている SNMP 管理プログラムに転送します。このサービスが停止している場合は、このコンピューター上の SNMP ベースのプログラムは SNMP トラップ メッセージを受信しません。このサービスが無効になっている場合は、このサービスに明示的に依存しているすべてのサービスは開始できなくなります
手動 > 無効

SysMain

長期間にわたり、システム パフォーマンスの維持および向上を図ります。
自動 > 無効

TCP/IP NetBIOS Helper

ネットワーク上のクライアントに対して、NetBIOS over TCP/IP (NetBT) サービスと NetBIOS 名前解決のサポートを提供することで、ユーザーがファイル共有、印刷、およびネットワークへのログオンをできるようにします。このサービスが停止された場合は、これらの機能を使用できなくなる可能性があります。このサービスが無効になっている場合は、このサービスに明示的に依存しているすべてのサービスは開始できなくなります。
手動 > 無効

Touch Keyboard and Handwriting Panel Service

タッチ キーボードと手書きパネルのペンおよびインク機能を有効にする
手動 > 無効

UPnP Device Host

このコンピューター上での UPnP デバイスのホストを可能にします。サービスを停止すると、ホストされている UPnP デバイスは機能しなくなり、ホストされるデバイスを追加することもできません。サービスを無効にすると、明示的にこのサービスに依存しているサービスは開始できなくなります。
手動 > 無効

ポート開放で使用するので、必要な方は使うときに動かせばいいかな。

WebClient

Windows ベースのプログラムでインターネット ベースのファイルを作成および修正したり、インターネット ベースのファイルにアクセスしたりすることができます。このサービスが停止された場合、これらの機能は利用できなくなります。このサービスが無効になった場合は、このサービスに依存するサービスは開始できなくなります。
手動 > 無効

ファイル、電子メール、その他のコンテンツに対して、コンテンツのインデックス作成、プロパティ キャッシュ処理、検索結果の表示を行います。
自動(遅延開始) > 無効

インデックス型のコマンドランチャのZiiLauncher使用しているので、使わない

WMI Performance Adapter

Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダーからネットワーク上のクライアントへのパフォーマンス ライブラリ情報を提供します。このサービスは Performance Data Helper が有効なときにのみ実行します。
手動 > 無効

データ使用状況

ネットワーク データ使用状況、データ通信量の上限、バックグラウンド データの制限、従量制課金ネットワーク。
自動 > 無効

市販デモ サービス

デバイスが市販デモ モードの間、市販デモ サービスによってデバイスの動作が制御されます。
手動 > 無効

スタートアップの種類を手動へ

Diagnostic Policy Service

診断ポリシー サービスを使用すると、Windows コンポーネントの問題を検出、トラブルシューティング、および解決できます。このサービスを停止すると、診断は実行されません。
自動 > 手動

ネットワーク内またはコンピューターの NTFS ボリューム間のリンクを管理します。
自動 > 手動

Downloaded Maps Manager

ダウンロード済みの地図へのアプリケーション アクセスを提供する Windows サービスです。このサービスは、ダウンロード済みの地図にアクセスするアプリケーションによってオンデマンドで開始されます。このサービスを無効にすると、アプリケーションから地図にアクセスできなくなります。
自動(遅延開始) > 手動

Server

このコンピューターでネットワークをとおしてのファイル、印刷、および名前付パイプ共有をサポートします。このサービスが停止した場合、これらの機能は利用できなくなります。このサービスが使用不可にされた場合、このサービスに明示的に依存するサービスはすべて起動できなくなります。
自動 > 手動

Workstation

SMB プロトコルを使ってリモート サーバーへのクライアント ネットワーク接続を作成し、維持します。このサービスが停止している場合は、これらの接続は利用できなくなります。このサービスが無効になっている場合は、このサービスに明示的に依存するサービスは何も開始できなくなります。
自動 > 手動

OS以外のソフト

AMD Crash Defender Service

自動 > 無効

AMD External Events Utility

自動 > 無効

AsusUpdateCheck

ASUS Z390 Motherboards Automatically Push Software into Your Windows Installation | TechPowerUp

最新ドライバーを自動でインストール
BIOSの設定でoffにしてからでないと、offにしても自動に戻る

BIOS > Advanced Mode > Tool > ASUS Armoury Crate
Download & Install ARMOURY CRATE app
Enabled > Disabled

そして、このサービスを、自動 > 無効

DropboxUpdate.exe (dbupdate)

自動(遅延開始) > 無効

DropboxUpdate.exe (dbupdatem)

手動 > 無効

まとめ

設定を変えても体感速度はほぼ変わりませんが、不要なのはなんとなく止めておきたいです。

ただし、SysMainは別で、システムパフォーマンスを向上させる機能なのに逆にPCを重くすることがあるので、これは止めた方がいいかなと。
今は高速なSSDが標準環境なので、読み込み時間で困らないですし。

Dropboxは、任意のタイミングで動かしたいので止めています。

追記

2020-11-12