Keyhacでキーバインドをカスタマイズ 02

17-12-23Pckey-bind, keyhac, tips, tools

前回と変わったので、違う部分をメインに纏めておきます。

前はキーを大文字で記載していましたが、Shift-SなどをS-Sなどと記載すると分かりづらくなるので、キーは基本小文字で載せています。

Pythonを使ってカスタマイズしますが、相変わらず、Pythonをよく分かっておりません。
そのうち覚えられたらいいな。

  • Windows10 64bit
  • Magic Keyboard – US
  • Keyhac 1.77

CapsLockとCtrlを入れ替えて、CapsLockをソフト起動のホットキーに使用出来るようにする

前はCapsLockキーだけをCtrlにしましたが、ホットキーとして使えるようにします。
KeySwap for XPなどで、左下のctrlをcaps lockと入れ替えた後、Keyhacでcaps lockを、キーコード255、User0として、ユーザモディファイアキーの定義をします。
自分は、Magic Keyboardを使っているので、有料のAppleK Pro for 10 64bitで変更しています。

U0-cでChrome起動

クリップボード監視を無効

Keyhac 1.74にて、クリップボード監視の 有効/無効 の切り替えが出来るようになりました。
デフォルトは有効ですので、無効にする時に設定します。

文字選択

  • LWy/u/i/o : カーソル位置から Left/Down/Up/Right 1回分の文字列選択
  • LW-LCy/u/i/o : カーソル位置から Left/Down/Up/Right 5回分の文字列選択

テキストエディタなどで、キーボードのみで操作している時に便利だと思います。
マウスを使ったほうが早い時もありますが、マウスを持ち替えるのが面倒なときにも。

文字削除

  • LWd/; : Delete/Back
  • LW-LCd/; : 5回分の Delete/Back

LW-LCb/w : 一単語ごとに Back/Delete も割り当てていますが、日本語だと思った通りにいかないことが多いので、5回分の文字削除を追加してみました。
その結果、削除が早く出来るようになって便利になり、使用頻度も高いです。

exe名とclass名で指定したソフトのみで有効にする

今までは、 keymap_globalという名前で設定していました。
今度は、keymap_の後に名前をつけて、exe名とclass名を指定したソフトのみで有効にする設定です。

exe名とclass名のどちらかだけでも動きますが、指定したソフトの一部分だけで有効にしたい場合はclass名を指定しないと、ソフト全体でも効いてしまいます。
ただし、一部分のみで有効にしたいのに、名前が一緒で上手く設定できないこともありますが。

exe名とclass名の調べ方

タスクバーのKeyhacを右クリック > 内部ログONをクリック > タスクバーのKeyhacをクリック > 黒いウィンドウ表示

指定したいソフト上で何かキーを押すと、黒いウィンドウ上で押したキー情報と、exe名やclass名が表示されます。

Evernoteの検索ボックスで#を入力すると、半角スペース tag: と文字入力

tag:と打ってからタグ検索するのは面倒ですので、少し楽になると思います。
半角スペースが入っているので、2つ以上のタグ検索するときも少し楽だと思います。

IME off限定で、#は英語キーボードだとS-3です。

纏めてexe指定

NeeView / NeeViewSで、g,g押すと最初に移動

纏めてclass指定

指定したclass名の場所で、g,g押すと最初に移動

補足

使用頻度が低いのを削除したぐらいで、他は前に載せたものと細かい部分以外は大体同じかな?

使用している時に動作がおかしくなったら、タスクバーのKeyhacを右クリック> 設定のリロード で大抵直ると思います。

設定ファイル

追記

17-12-28
LW-Cy/u/i/o : カーソル位置から Left/Down/Up/Right 5回分の文字列選択 > LW-LCy/u/i/o へ変更。
文字削除の説明を追加。
LW-LCd/; : 5回分の Delete/Back 追加。