マウス>M905、テンキー>N305使用中

机の上に照明器具を置いた関係で…ということで、キーボードに続いて、マウスとテンキーもワイヤレスを探すことにしました。
まあ、長年愛用していたマウスのMX-510の左右の塗装が取れてしまって、見栄えが悪いと言うのもありますが。
マウスはロジクールと決めているので、そこから探すことに。
最初は、ロジクール マラソン マウス M705にしようかなと思ったんですが、最終的には、ロジクール エニウェア マウス M905にしました。
テンキーは、LOGICOOLワイヤレスナンバーパッド N305にしました。
2週間近く使ってみたので、ちょっと使い心地を書いてみます。

小型USBレシーバー1つで最大6台繋げる。
USBポート数が少ないので非常に助かります。

まあ、他のBluetoothのレシーバーとして使えないのはしょうがないところかな。

個人的なマウスのメリット

ワイヤレス
コードが気にならないのは、やっぱり利点。

透明なガラスの上で動く
机の上が透明なガラスで、上に透明なカバー?みたいなのを付けてるんですが、今までのは正常に動きませんでした。
薄いマウスパッド上でも動かなかったんですが、透明なガラスの上でも動き感動です。レーザーセンサー凄い。
机の上全部がフィールドになりました。

小さい
いままで使用していたのがやや大きめ?でしたが、これは持ち運びを考慮されているので、コンパクトです。
自分の手は普通よりやや小さめ?サイズですが、マウスは持ちやすくちょうどいい感じで、左横のボタンも押しやすいです。
つまみ持ち派ですが、特に問題ないです。

電池1本でも動く
単3電池2本なんですが、1本でも動く為、軽量化が可能。
2本は重いので1本で使用してますが、1本だと重心が中心からずれるかと思ったんですが、そんな風に感じたことも無く。
さらに軽量化したい欲求にかられているので、単4電池を単3電池に代えるスペーサーセットを購入して、エネループ使おうかなと検討中。
単4電池1本で1週間ほど持ちましたので、単4電池使用中です。

電源ON/OFFがセンサー部分をガード
マウスのスイッチをOFFにすると、センサー部分のカバーが閉まる仕組みになってます。
ほこりなどをガード出来るので、なかなかいいです。
電源ON/OFFするのをたまに忘れるのは、僕だけじゃないはず。

ボタン割り当て可能
公式のSetPointで割り当てなどや、電池残量が確認可能。
ホイールの下にあるボタンに、中央スイッチ割り当てました。
これがないと、ブラウザで新しいタブで開くが不便なので。
アプリケーションスイッチャは便利だけど、alt(+shift)+tabで代用出来るから気にしない。

マウスのデメリット

クリック音がやや大きめ
周りに人がいる時は、気にする人がいるかもしれないです。

家で使うなら問題ない。

個人的なテンキーのメリット

ワイヤレス
マウスと同じですが、コードが気にならないのはやっぱり利点。
テンキーは普段片付けているので、スペースが広く使えるのはいい。

アプリケーションキーx3
カスタマイズも出来ます。
アプリケーションスイッチャもあるので、マウスでカスタマイズして使えない時に、こちらを使うという方法も。

=が付いている
代わりに?tabがないですが、ここは人を選びそう。
キーボードの左にテンキー置いて使ってるので、個人的にはあんまり困らないかなと。
00はあると便利だったと思います。

テンキーのデメリット

裏側に指紋の後が付きやすい?

裏側なんてあんまり見ないし、拭けばいいので、そこまで気にしなくてもいいことかも。

前に載せたApple Wireless Keyboard (US)と合わせて、使い心地がよく、大変重宝しております。
個人的に大満足であります。

後は、PCが高性能だったら…言うことないんだがw

ちなみに、エクセル使ってないので、テンキーを使ってるのは、ログインとか、ニコニコのurlの数字入力とか、後は、個人的な格ゲーメモの技入力ぐらいにしか使ってない。

あれ? もしかして、無くてもそんなに問題なかった?
気にしちゃ駄目だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。